銀座 みかわや








この4連休は学びの時間。
そう決めて、行ってきました、みかわやさん。


Google Mapsで「銀座 フレンチ」で検索してもヒットしません。

試しに「銀座 洋食」で検索すると・・・ ヒットします。


一見、人を寄せ付けない高級フレンチの老舗に見えますが、
あくまでもそっと寄り添ってくれる「洋食屋さん」なのです。


洋食といえば、ハンバーグやエビフライ、カレーライスなど。

誰もが幼い頃から、誰もが家庭料理で馴染みのあるメニューですが、
それらとは別世界が広がります。



銀座4丁目と言えば、銀座で最も賑やかで人の集まる場所。

どのカフェもレストランも、
お昼過ぎともなれば激混みで行列や待ち時間は当たり前。

やっぱり東京だな、と
その密集度に鬱屈した気分になることが往々にしてありますが

みかわやさんだけは、次元が違います。



時の流れも、

空間の純度も、


何もかもが違います。



ランチコースでは
コーンポタージュ、かにクロケット、ビーフシチューをいただきました。


王道のフレンチであればソースが特徴的です。
ソースがかけられた状態の、シェフが完璧に創り上げたものをいただくスタイルが圧倒的に多いですが

みかわやさんは、あえて一歩引いていて
一口いただいてから、こちらの好みでソースやマスタードで完成させます。



完璧を目指すからこそ、あえて完成させない

その絶妙な力加減も匠の技です。




そして緑茶お漬物が出てくる、おばあちゃん家のような温かさ。

もちろん私にはこんな「〇〇伯爵邸」のような家に住む親類はいませんが(笑)、

それでも不思議な懐かしさを感じます。






「文化」というのは、

「常に身体の周りに漂っていて、死ぬまで纏い続ける衣服のようなもの」だと思っています。


ですから
「みかわやさんで居心地の良さを感じるということは
私が纏っている『文化』を可視化するとこうなるんだ・・・」

と、見て感じて、確認するような思いになります。




創業133年。
私の人生の4倍以上。

比較すれば、私なんてついさっき生まれた赤子にしか過ぎないのに
懐かしさを感じるのはなぜだろう・・・。

そんな風に考えていました。





古いものを単に保全しようとすれば
その周りを生きる人間は、追いつき、通り越して過ぎ去って行ってしまいます。

普通、通り越して一瞬しか出逢わなかったものに対して「懐かしさ」を感じることはありません。

ですからただ単に「古いものの保全」をしているわけではない。

そこまでは理解することができました。



じゃあ、一体なに・・・?

そんな風に考えながらお店を後にし、家路についた頃。

沈みかけたの姿が見えました。



車や電車の車窓から月を見ると
近くの街の風景が高速で流れていく一方で月はずっと追いかけてくるように見えます。

ひと月の間に規則的に満ち欠けを繰り返し変化しながらも、地球上の私たちとの距離は変わることはありません。

こちらが進めば、追いかけて一緒に歩んでいるように感じます。




地球と月との距離、38万km。


創業133年と私の距離も、きっとこのくらい離れているのでしょう。



自分の想像を超えた圧倒的な時空を目の当たりにするとその「圧倒的なもの」は離れているどころか、

逆に寄り添い、居心地良く包み込んでくれるのかもしれません。





これは、みかわやさんに限らず
銀座の老舗すべてにいえることだと私は思っています。



銀座は、高級ブランドが集まるただの大きな商店街ではありません。

変化し続けているのに、懐かしい。
そして、どんな若造にも門戸を開いてくれている懐の深さ。


ファッションブティックと高級クラブのイメージが強いものの、

一本路地を入れば神社があったり、猫が寝ていたりと

長閑な風景があります。





飲食店だけでも何百、何千あるか未知数ですが


銀座には

無限の世界が広がっているように思えてなりません。




そう考えると、


「銀座」という地名にも


宇宙を感じずにはいられないのです。




最後までお読みいただきありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
↓ポチッと応援していただけると、大変励みになります!^^

ブログランキング・にほんブログ村へ


よく読まれている記事

「口座残高」という名の、刺客。




3年で14億円稼いだFXトレーダー」といえば
誰を指すかピンとくる人も多いでしょう。


巷には、
過去に◯億稼いだ、とか
最高で月収1千万、とか・・・

そんなトレーダーがよくいます。


それらをに決まっている!」と信じない人も多いでしょうが
私は「本当に稼いだんだろうなー」と思っています。



相場は、それが当たり前に起こる世界だからです。

疑う人は、周りにそういう人がいないだけです。






相場は、

“数億円を瞬時に稼げる世界”であると同時に

数億円を瞬時に失う世界”でもあります。




FXは特に当てはまりますが
一瞬一瞬を追っていけば、含み益と含み損のとんでもない振れ幅があります。

同様に、口座残高にも振れ幅があって然り。

口座残高が最高で14億になることもあれば、
その翌日には10万円になっていることもあり得るのです。




私は、端っから口座残高なんて
「3歩進んで2歩下がる」ようなものだと思っています。

「3歩進んで2歩下がる」でも勝率60%ですから、
イメージとしてもつには十分でしょう。

5回勝負して、トータルで1歩進んでいればいい。

そんな風に考えないとメンタルがやられます。





ちょうど今、サマージャンボが発売中のようですが

仮に宝くじ7億円が当せんしたとします。


10枚3,000円で買って、当せん金7億円が自分のもの…。

何を買おうか、誰に打ち明けようか、はたまた完全に秘密にしておこうか…。

そんな風に考えているところに強盗がやって来て、
命と引き換えに7億円を盗んで行ったとしましょう。



生きててよかった〜神様ありがとう!と思うでしょうか?

おそらくほとんどの人は、

その強盗を怨んで、何が何でもどんな手を使っても取り返そうと必死になるでしょう。






これは
過去最高の口座残高に縛られるトレーダーの心境と同じです。


昨日までは画面に「残高 700,000,000円」と表示されていたのは事実だ!またあの地点に戻りたい!と考えています。

それが、「先週までは・・・」になり、「去年までは・・・・・・・・・」になっていくのです。





7億円なんて、初めから無かった。

元手の3,000円で経験値が増えた。

このくらいの捉え方ができないと、相場に振り回されることになります。


7億円を得て、7億円を失った。

数値上はプラスマイナス「ゼロ」のはずが、
欲望に振り回されて精神はクタクタ。


行って戻って来ただけのはずなのに、
心身共にやつれて憔悴してしまいます。

そうなれば・・・
勝てる局面でも勝てなくなります。




口座残高の表示なんて、

いわば架空残高です。




存在しないものを存在すると思い込み、囚われることで

無意識のうちに
実在しない「刺客」をつくりあげることになります。




その刺客は、陰に潜んで

常にトレーダーを狙っています





刺客は100発100中の凄腕スナイパーです。


撃った瞬間に存在を気づかせるような
甘い敵ではありません。


撃たれれば、こちらは撃たれたことに気付く間も無く即死です。



目に見えない、こんな敵が生まれているのです。



♪♪ 3歩進んで2歩下がる~


毎日、そんな水前寺清子さんの陽気な歌声が
架空残高の闇を照らしてくれていて、


いつも
私を刺客から守ってくれています。笑




最後までお読みいただきありがとうございます。

EA(自動売買システム)、バイナリーオプションに関する
ツールのシェアリングをご希望の方は、

コチラ 】 をご覧ください。



ブログランキングに参加しています。
↓ポチッと応援していただけると、大変励みになります!^^

にほんブログ村 為替ブログへ


よく読まれている記事

投資家が「変わる」とき




投資を始める人の、おそらくほぼ全員が

「今の生活をより良いものに変えたい!」という願望をもって相場に参戦します。



クールなスポーツカーに乗りたい。
もっと広い家に住みたい。
妻に宝石を買ってあげたい。
子どもの教育費を稼ぎたい。



細かい理由は人それぞれでしょうが、

現状を「変えたい」欲望が、人を相場へと誘います。





そして、小さな利益をコツコツと重ねて
望みに近づいたと思った矢先に

「○○ショック」と名付けられた経済危機で
それまでの利益をドカン!と失い、

気付いたときには
借金の地獄鍋で茹で上がるのを待つばかりになっています。


そうなると、それまでコツコツと勝てていた自分のロジックも信じられなくなり

何か良い手はないか、と

ネットの世界へ放浪の旅に出ます。






「放浪」なら、まだ自由気ままな印象がありますが

正確には、ふらふらと漂うだけ。


“投資家”を名乗る、ただの「遭難者」です。






遭難者には、もはや過度な欲望はありません。

ただ、相場を始めた頃の元の地点に戻りたいだけ。

安心できる我が家に
安全に送り届けてくれる人はどこかにいないか、と探し求めています。





何も悪いことなんてしていなのに、どうしてこんな目に遭うんだろう・・・。

妻に宝石を買ってあげたいと願うことが、子どもの教育費を稼ぎたいと思うことが、

そんなに悪いことなんだろうか・・・。





明けても暮れても、理由が解らず

この世の理不尽を恨み、
呪いながら幽霊のような一生を送ることになります。








彼らは一体、何が間違っていたのでしょうか。

どうすれば助かるのでしょうか。





このような「人生」に関わることを

当ブログのように無料でネットに載せるラフなスタイルで良いのかなーと悩みもしましたが、

それが現代社会の特徴であり面白いところでもあるので、書くことにしました。



私の投資家人生の中で
実際にこの目で見てきたことであり、私にとっては真実ですし、

いずれどの人も辿り着く答えだと考えていますから、

ここで私が出し惜しみしても仕方ないかな、と。








さて、本題に戻ります。



遭難し、幽霊となった自称“投資家”たちの間違いは、

ある一点に集約することができます。






それは、

「すべてに他力本願」だということです。


世の中の負組トレーダーが「負組」から抜け出せないのも、「他力本願」だからです。






ネットに放浪の旅に出るとき、

彼らが考えているのは
「間違いなく結果の出る選択肢はどれだ!?」ということだけです。


当たりクジを探し出すことに必死になっています。

だから、いくつものトレード塾を転々と渡り歩くのです。







当たりクジを探し出す根拠として

HUBLOTの限定版を着けているとか、帯付きの札束の山の写真があるとか。

MT4
設定画面のサーバーが「Real」かとか、先出しトレードなら信頼できるとか。




書けばキリがありませんが、
これらの根拠すらもネットで情報を探す始末・・・。



逆に言えば、

それらネット上で語られる根拠さえ揃っていれば
当たりクジと信じてしまうわけです。







実際のところ、そもそも
「選んだ時点で“当たり”と決まっている選択肢」なんて存在しません。




「選んだからには、何が何でも成功させてやる!

という思考でなくてはならないのです。



ところが、「他力本願」の思考で凝り固まっていると、

そこに焦点を合わせることができません。






投資家であっても、なくても

私が知っているビジネスの成功者たちは
何をやってもマネタイズし、そのプロジェクトを成功させています。



きっと成功者にとって
「マネタイズ」は自転車に乗ることと同じなのでしょう。


一度でも覚悟を決めて成功させる感覚を掴んでしまえば
何をやってもどうやっても、

乗りこなせてしまうのです。




ママチャリも、クロスバイクも、製品を造って売る側は
他の製品との差異をアピールしてきますが

どれに乗ろうと、自分の足で漕げば
目的地に到着できることには変わりありません。


どんな急な坂道もママチャリで上っていく主婦の姿を
誰もが見たことがあるでしょう。


ママチャリがどのメーカーかなんて、坂を上る主婦は気にしません。


強いて言えば
その選択肢を選ぶ基準は、その製品が好きかどうかです。

好きじゃないと続けられませんし、
愛情をもって目的地まで一緒に進むことはできません。


マネタイズに置き換えると、
愛情をもてないと金のなる木に育てることはできない、ということです。




先ほど、“間違いは「すべてに他力本願」であること”と書きましたが


クールなスポーツカーに乗りたい。
もっと広い家に住みたい。
妻に宝石を買ってあげたい。
子どもの教育費を稼ぎたい。


これらに見る「幸福像」も間違いだらけです。







クールなスポーツカーに乗る人は、クールでなくてはなりません。

フェラーリやランボルギーニを買ったところで、
「ビール腹の汗臭いおじさん」が乗っても

周りが不愉快なだけですし、車にも失礼です。




広い家に引っ越したところで、その“広い”空間を味わえる美意識がなくては

広くなった分だけ「不要なもの」を溜め込んで、
結局、狭苦しく暮らすことは目に見えています。




妻にジュエリーを贈ったところで
それを身に纏う場所を知らなければ、宝の持ち腐れです。

休日、それを着けて近くのイオンモールに行くのは、Tシャツ&ジーンズで行くよりもずっと惨めです。

イオンモールも楽しいですが、それと同じくらい
日常的にオペラやディナーショーを夫婦で嗜む教養が必要になります。



子どもの教育費も同じです。
そもそも「学び」は自主的に行うものであって、例え親であっても強要することはできません。

学問を強要されても知識として定着しませんから、子どもにとって若い日々の貴重な時間の無駄遣いに他なりません。

親は子どもにとって、他の誰よりも「先生」になり得ます。

一緒に生活する中で教え、共に学ぶからこそ「教育(教え育む)」なのであって
予備校へ通わせ、大学の学費を納めるだけで「成績優秀でいなさい。」と言うのは、あまりにも無責任です。

子どもが小学校へ上がる前から英会話塾へ通わせる親が大勢いますが、

親が英語を話していれば、
その年頃の子どもはいつの間にか英語で話し始めるものです。




高額の自転車を買うことなら、誰にでもできます。




しかし

自転車を漕ぐのも、

目的地を目指すのも、


自力であることを忘れてはいけません。








「お金さえあれば、現状を変えられる・・・。」

これが他力本願の考え方です。





現状を「変える」のは、お金ではなく


「自力で何が何でも成功させる!」
という意識です。









意識さえ変われば、


全てが変わります。






意識を変えるのに、

1秒もかかりません。








ネット検索に必死になっている手を一旦止めて、


その1秒間だけ、


意識を変えるために集中してみるー。









この貴重な1秒こそ、



何よりも人生の投資になることは



間違いありません。





最後までお読みいただきありがとうございます。

EA(自動売買システム)、バイナリーオプションに関する
ツールのシェアリングをご希望の方は、

コチラ 】 をご覧ください。



ブログランキングに参加しています。
↓ポチッと応援していただけると、大変励みになります!^^

にほんブログ村 為替ブログへ


よく読まれている記事