「口座残高」という名の、刺客。




3年で14億円稼いだFXトレーダー」といえば
誰を指すかピンとくる人も多いでしょう。


巷には、
過去に◯億稼いだ、とか
最高で月収1千万、とか・・・

そんなトレーダーがよくいます。


それらをに決まっている!」と信じない人も多いでしょうが
私は「本当に稼いだんだろうなー」と思っています。



相場は、それが当たり前に起こる世界だからです。

疑う人は、周りにそういう人がいないだけです。






相場は、

“数億円を瞬時に稼げる世界”であると同時に

数億円を瞬時に失う世界”でもあります。




FXは特に当てはまりますが
一瞬一瞬を追っていけば、含み益と含み損のとんでもない振れ幅があります。

同様に、口座残高にも振れ幅があって然り。

口座残高が最高で14億になることもあれば、
その翌日には10万円になっていることもあり得るのです。




私は、端っから口座残高なんて
「3歩進んで2歩下がる」ようなものだと思っています。

「3歩進んで2歩下がる」でも勝率60%ですから、
イメージとしてもつには十分でしょう。

5回勝負して、トータルで1歩進んでいればいい。

そんな風に考えないとメンタルがやられます。





ちょうど今、サマージャンボが発売中のようですが

仮に宝くじ7億円が当せんしたとします。


10枚3,000円で買って、当せん金7億円が自分のもの…。

何を買おうか、誰に打ち明けようか、はたまた完全に秘密にしておこうか…。

そんな風に考えているところに強盗がやって来て、
命と引き換えに7億円を盗んで行ったとしましょう。



生きててよかった〜神様ありがとう!と思うでしょうか?

おそらくほとんどの人は、

その強盗を怨んで、何が何でもどんな手を使っても取り返そうと必死になるでしょう。






これは
過去最高の口座残高に縛られるトレーダーの心境と同じです。


昨日までは画面に「残高 700,000,000円」と表示されていたのは事実だ!またあの地点に戻りたい!と考えています。

それが、「先週までは・・・」になり、「去年までは・・・・・・・・・」になっていくのです。





7億円なんて、初めから無かった。

元手の3,000円で経験値が増えた。

このくらいの捉え方ができないと、相場に振り回されることになります。


7億円を得て、7億円を失った。

数値上はプラスマイナス「ゼロ」のはずが、
欲望に振り回されて精神はクタクタ。


行って戻って来ただけのはずなのに、
心身共にやつれて憔悴してしまいます。

そうなれば・・・
勝てる局面でも勝てなくなります。




口座残高の表示なんて、

いわば架空残高です。




存在しないものを存在すると思い込み、囚われることで

無意識のうちに
実在しない「刺客」をつくりあげることになります。




その刺客は、陰に潜んで

常にトレーダーを狙っています





刺客は100発100中の凄腕スナイパーです。


撃った瞬間に存在を気づかせるような
甘い敵ではありません。


撃たれれば、こちらは撃たれたことに気付く間も無く即死です。



目に見えない、こんな敵が生まれているのです。



♪♪ 3歩進んで2歩下がる~


毎日、そんな水前寺清子さんの陽気な歌声が
架空残高の闇を照らしてくれていて、


いつも
私を刺客から守ってくれています。笑




最後までお読みいただきありがとうございます。

EA(自動売買システム)、バイナリーオプションに関する
ツールのシェアリングをご希望の方は、

コチラ 】 をご覧ください。



ブログランキングに参加しています。
↓ポチッと応援していただけると、大変励みになります!^^

にほんブログ村 為替ブログへ


よく読まれている記事