脳が好む「負け」




「0」とは、本当にミステリアスな数字です。

そして「0」よりも「00」「00」よりも「000」になると
もはや不可思議という表現の方がしっくりくるほど奇妙に感じられます。


「00」「000」は、もちろん相場における節目として
投資家に意識されるラインでもあります。


1.00も、0.99も、1.01も、
数値としてその価値や重みに違いなどありません。

ところが人の目を通した瞬間、バイアスがかかって
1.00の方を意識してしまうのです。



相場においても

本来、その数値には何の意味もありません。



売りと買いが均衡した地点で価格が決定されるだけですから、
USDJPY 100.00円も、106.23円も、どちらも単なる数値。

そこに意味はない……はずなのですが、
「00」の一線は明らかに意識されています。



「00」で意識されるのは、価格だけではありません。


株式市場でいえば、
14時59分59秒の価格と15時00分00秒キッカリの価格。

たった1秒の差ですが、
後者は「終値」としてローソク足に刻まれ、翌日も翌々日も意識される一線となります。


売りと買いのバランスがとれた瞬間ごとに価格は決定しますから

その均衡地点は
その一瞬、一瞬で常に動いています。


それは情報量とすれば膨大すぎて、人間の頭では処理できないため
四本値によって記号化し、視覚的に捉えやすくしたものがローソク足です。


私たちの脳は、膨大な情報からより正確な結果を予測するよりも
大雑把に捉えて素早い判断を優先するクセがあるようです。


「00」を意識するのも、このためでしょう。


まだ人間が猿だった頃、ジャングルでは1秒の迷いが命取りになりかねませんから
これは生きる残るための実用的な遺伝子の戦略だったのかもしれません。


そういった意味で、値動きをローソク足に置き換えて眺めることは
脳の仕組みと相性が良いのでしょう。


とはいえ

「“値動き”という常に変化する膨大な情報量」を
「“ローソク足”に表して単純化する」のは、

「高解像度の動画」から「4枚の静止画」を選び出すようなものです。




その反対に、
選んだ「4枚の静止画」から「1本の動画」を再現することなど不可能なの言うまでもありませんが、多くのトレーダーは
ローソク足から値動きが解釈できると思い込んでいます。





記号化された目に見えるもの。

区切りのいいもの。

大雑把に捉え易いもの。


無意識に脳が好むこれら「粗目」な素材だけを追いかけても、
長期的に勝ち続けることはできません。




「粗目」を無視してもいい、というわけではありませんが
今後、人間的なバイアスのないEAやAIによってエントリーや決済が自動化されていく相場では、

「00」を特別視しない視座ももたなければならない、ということです。





相場の勝ち方は無限にあります。

言い換えれば、負け方も無限です。


EA(自動売買)など数年前まで考えもしなかったような「武器」が次々に生まれている昨今、

勝てる者はどんどん勝ち進んでいき、負ける者は文字どおり「一瞬で」相場から退場していきます。




脳の遺伝学的な仕組みという点では、

勝組トレーダーも負組トレーダーも大きな違いはないでしょう。




それでも相場は、

両者を明確に分け隔てます。




冷徹、残忍、無慈悲、酷薄。


そんな相場だからこそ、


生き残ることで


人生の愉しみを見つけられるのかもしれません。





最後までお読みいただきありがとうございます。


EA(自動売買システム)、バイナリーオプションに関する
ツールのシェアリングをご希望の方は、

コチラ 】 をご覧ください。



ブログランキングに参加しています。
↓ポチッと応援していただけると、大変励みになります!^^

にほんブログ村 為替ブログへ




よく読まれている記事