【お金のリアル】拝金主義者の末路

・プロトレーダーのEA、公開中。詳しくはこちら







生活する上で「物を買う行為」は必要です。

貨幣のルーツは紀元前とも言われていますから、
今や「買う行為」は疑いようもなく文明社会を生きることとセットになっています。


食料を買ったり衣類を買ったりと、個人の経済活動を毎日毎日続けていると人間の脳はその「慣れ」によって

不足は、買う行為で満たされる』と短絡的に捉えてしまうようです。




お腹が空いたらパンを買う。
寒くなったらコートを買う。
雨風をしのぐために家を買う(借りる)。

直面している「不足」を補うには、買えばいい―。




社会が豊かになり、流通が発達するほどこのように安直な考えに至ってしまうのは仕方ないのかも知れません。


しかしこれが行き過ぎるとお金が私を満たしてくれる」と間違った思い込みに走っていきます。


自分の心に何かしらの欲求不満が起こると、お金を遣って「買う」ことで解消しようとするのです。





いま感じている「不快」「快」に変えてくれる―。


この幻想によって、
人はだんだんとお金に救いを求めるようになります。




そしてお金は、全てを解決してくれる力をもっている・・・。

無意識のうちにお金の力」を信仰し崇めるようになります。



お金による洗脳が始まるということです。





お金の力を信仰するのは「拝金主義者」です。


一般に「拝金主義者」というと野心的でギラついた金満家のイメージがありますから、
「哀しい拝金主義者」と表現した方がしっくりくるかもしれません。





「お金の力」は確かに、無いわけではありません。


ただしそれは「お金の力」を信仰する人達の間で通用しているだけです。

キリスト教徒にとって何の脅威でもないアッラーの教えも、イスラム教徒の間では絶対です。これと同じです。




資本家と労働者。
雇い主と従業員。
発注者と受注者。
客と店主。


買う側と売る側は、お金と商品(や労働力)を交換する上で対等であるべきなのですが

実際の力関係は、ほとんどの場面でお金を出す側が強くなっています。





拝金主義者の間で行使される「お金の力」には凄まじいものがあります。



「お客様は神様」という考えがはびこったことで近年は取扱注意のクレーマーも大量発生しています。

しかしそんなクレーマーも、よくよく調べてみると職場でパワハラを受けていたり、DVや虐待の被害者である場合が多々あります。


誰かに日常的に権力を行使されて虐げられているので、

自分も別の場所で「お金の力」を振りかざして権力を行使したいのです。





「お金の力」は人類史上の「定説」となっていて、もはや誰も疑うことがありません。


お金で愛情を失うこともありますし、
人を憎んだり、殴ったり殺したりすることもあります。


お金と他者への愛情が、思考回路の中で密接に絡み合ってしまっているからです。

お金の洗脳が始まると、これをほどいて切り離すことは容易ではありません。






本来、お金は何の力ももちません。


大昔の経済社会で物々交換の仲介をするただの「便利品」として誕生しただけです。



便利なあまり貸し借りも自由自在なため、プラスにもマイナスにもなります。


数値として単純明快な仕組みゆえ、拝金主義者は

プラスになれば権威を身につけた気になって意気揚々とし、マイナスになれば精神を病みます。








ことあるごとに「お金さえあれば、この苦労は解決するのに…」という思いが脳裏を過ぎったなら、

あなたは間違いなく拝金主義者です。



お金にその苦労を解決する力はありません。







苦労を解決したいならお金ではなく、あなた自身の力の無さを省みる必要があります。



1,000万円の借金の取り立てに苦しんでいる人は、お金に苦しめられていると思っているかもしれませんが

実際には、自身の管理能力の無さがブーメランのように返ってきているだけです。



お金自体は中立を保っていて、何もしていません。



もしこの人が道端で1億円を拾って1,000万円を返済し取り立てから解放されたとしても、

管理能力を見直さなければ、近いうちに今度は10倍の取り立ての苦しみがやって来ます。



この間も、お金は何もしていません。

が、10倍のブーメランは確実に返ってきます。







日頃私は「相場は勝ち残った者(稼いだ者)が正」と相場の掟を記事に書いていますが、

これはお金がお金を生むマネーゲームに限ったルールです。




マネーゲームの外へ出て「人生」を見つめたとき
そこは、お金で勝ち上がっていく世界ではありません。






お金の力を信仰している限り、

人生はプラスマイナスの「躁」と「鬱」を振り子のように行ったり来たりしているうちに寿命を迎えます。




お金の支払い側からパワハラを受けたら、別の場所でお金を遣ってパワハラをする。


この繰り返しが、拝金主義者の末路です。







とはいえ「お金の力」洗脳を解くのは、そう簡単なことではありません。



洗脳を解くには、十分すぎるほど稼いでお金による不都合を感じない生活レベルが必要だからです。



不足も不都合もない環境でこそ、人は冷静に「自分の力で考える」(=洗脳を脱する)ことができます。


ところが皮肉なことに、十分すぎるほど稼ごうとする野心は
「お金の力」を信仰していない心に宿ることはありません。





一旦「お金の力」を信仰した者しか「十分すぎて不都合を感じない生活レベル」を獲得することはできず、

更にそのステップを踏んだ者しか洗脳を解く段階へ進めないということです。







人間という生き物は、生まれながらに愚かで自力で考えようとしない怠け者の性質をもっています。


洗脳を脱するための無限ループで苦しむくらいなら、洗脳されたままの方がラクなことは言うまでもありません。


仮に自分が拝金主義者だという自覚があっても、
それをやめない理由は「ラク」だから。これに尽きます。








私は相場に身を置きながら、主たる取引手段を自動に切り替え

画面に張り付くことをやめて「時間」を創り出すことを選択しました。


だからといって毎日ぼーっとしているわけではありません。





様々な拘束から解放されて、

自由に自分の頭で考えることを愉しんでいます。(*^^*)







「お金」は信仰するものではなく

上手に向き合い、うまく活用すべきものです。



そうすれば、“躁鬱”振り子の末路をたどることはありません。






全ては、人生を愉しむために―。



弱肉強食の相場を生きるのは皆、

本当はこのシンプルな理由に尽きるはずです。






最後までお読みいただきありがとうございます。


コピートレードEAバイナリーオプションに関する
ツールのシェアリングをご希望の方は、

コチラ 】 をご覧ください。



シェア中のコピートレード、10月運用開始のユーザーさんの結果は以下のようになっています♬♬  詳細記事は、【こちら】から。

◆取引データ◆

ユーザー資金額   : 500,000円
ボーナス付与    : 500,000円
運用開始時口座残高 :1,000,000円

運用期間 : 2020/10/5 ~10/30 の約1ヶ月間
(10/29-30はリスク回避のため稼動off)

確定利益 : + 102,959円





ブログランキングに参加しています。
↓ポチッと応援していただけると、大変励みになります!^^

ブログランキング・にほんブログ村へ





よく読まれている記事

バイナリー【11/27】取引/0勝1敗




私のバイナリーオプションの取引結果です。

取引履歴は下記。
1回エントリーし、0勝1敗となりました。OMG…(-_-)


※取引履歴画面はデモでは表示されないため
 リアル口座での取引エビデンスという意味で掲載しておきます。

※ぼかしはロジック漏洩防止



10月以降、皆さんと当ブログで共有してきた勝敗結果を以下にまとめました☆

週に2~3回ノーエントリーの日がありますが、こうやって積み重ねた長期間での結果を見ると、改めて「1勝0敗」の重みを実感します。






私が愛用しているサインツールについては下記の記事にまとめています。

ご覧いただけると嬉しいです^^


【愛用ツール】BOインジケーターのご紹介





本日もお読みいただきありがとうございました!

この他、シェア中のシステムについては

コチラのページをご覧ください。



ブログランキングに参加しています。
↓ポチッと応援していただけると、大変励みになります!^^

ブログランキング・にほんブログ村へ





よく読まれている記事

バイナリー【11/25】取引/3勝1敗




私がTwitter上で皆さんと共有している、バイナリーオプションの取引結果です。

ノーエントリーの日も多々ありますが、参考までに^^

私が愛用しているサインツールについては下記の記事にまとめています。

ご覧いただけると嬉しいです^^

【愛用ツール】BOインジケーターのご紹介



本日もお読みいただきありがとうございました!

この他、シェア中のシステムについては

コチラのページをご覧ください。



ブログランキングに参加しています。
↓ポチッと応援していただけると、大変励みになります!^^

ブログランキング・にほんブログ村へ





よく読まれている記事