【投資のアドバンテージ】機関投資家を超える「最大の武器」

・プロトレーダーのEA、公開中。詳しくはこちら





個人投資家の中でも
数十億単位で運用する、ある神トレーダーのお話です。

チャートの動きに先んじて、
「上がる直前に買い」「下がる直前に売る」ことを繰り返す秘訣を訊ねたところ

数十億円レバレッジをかけて運用すると
FXのメジャー通貨であっても多くの場合、そのインパクトで価格が動いてしまうのだそうです。

つまり「上がる直前に買っていた」のではなく「買ったから上がった」というわけ。

それを知らない人がそのトレードを見て
「未来が見えている!」「神だ、神だ」と騒いでいるだけだと仰いました。笑

とはいえその資産規模でトレードできる時点で神なので、謙遜して仰っただけなのでしょう。




そんな神トレーダーも個人投資家の一人ですが、彼が繰り返し口にする「個人投資家のアドバンテージ
超シンプルで誰にでもすぐ実行できるので、今日はこのことについて書きます。






同じ市場で闘う、個人投資家機関投資家

資金力も、情報収集力も、投資スキルも、頭脳も、取引環境も。

何もかも機関投資家が勝っているので、
個人投資家は対等に戦えるものではありません。

大海原に漂うゴムボートが、空母水鉄砲で戦いを挑むようなものです。


その光景を肉眼で見ることができれば戦意喪失するレベルですが、
「パソコン画面というフィルター」を通すと
敵の大きさすら把握できないのが
相場の厄介なところです。


小さな水鉄砲で勝てなければ、より大きな水鉄砲で闘おうとする・・・。

根本的なところではき違えているので、連戦連敗。
そして借金地獄に堕ちていきます。

水鉄砲でしか戦えないのなら、
戦略として空母の弱点を見つけるしかありません。

「戦略」を立てられるかどうかが
常勝トレーダーへの第一歩となります。






機関投資家には、運用取引による利益もさることながら
取引の際に顧客から得られる「手数料」があります。

ヘッジファンドの場合は特に
「絶対収益」、つまり相場が上がっても下がってもどんな相場環境であっても利益を目指す投資スタイルが作用してしまい、

トレードすることそのものが目的になってしまいます。




相場状況が芳しくないので一週間ノートレードでした!
が通用しません。

さらには上司や顧客から「サボっている」と判断されたくないので、

「取引したくないのに取引するジレンマ

が常に付きまといます。


顧客から手数料を取るため、
中身のない取引の頻度が増えてしまうのです。



一方、個人トレーダーにそのジレンマはありません。


エントリーするか、しないかの選択完全に自由
むやみにポジションを建てる必要がありません。


この自由選択こそ、機関投資家が得たくても得られないものであり
個人投資家のアドバンテージです。





常勝トレーダーが日頃何をしているかというと、

ただただ「待って」います。

ずーーーーっと、ここぞ!というポイントを待っています。


待ち時間を無駄なく有意義に過ごすための様々な便利ツールが生まれているので
画面に張り付いている人は減っていると思いますが、
それでも「チャンスを待っている」ことには変わりありません。


待ちきれずに「エントリーしなければ利益が出ない」と考え、
やたらとエントリーしたい衝動に駆られているのは養分トレーダーです。

エントリーした時点で必ず「手数料」(またはそれに相当するもの)を取られるので
個人投資家の闇雲なエントリーは、必ず破綻を招きます。





以前の記事で、EAトレーダーの多くは
「攻め重視」「バランス重視」「守り重視」
3パターンでの運用をしている、と書いたことがあります。


これまで当ブログで掲載してきた収益結果は
「攻め重視」「バランス重視」の2つでした。


「守り重視」EAの運用もしていますが、全っ然ポジションを建てないので私は普段、収益の確認をすることすらありません。

・・・というか、運用していたことも忘れていました。笑


最近、この「守り重視」EAの存在をふと思い出したので履歴を確認したところです。
無闇なエントリーをしないアドバンテージが如何ほどのものか、下記を見ていただければおわかりいただけると思います。





◆公開用口座◆

運用開始資金: 1,000,000円
運用期間  : 2020/09/29 からの 約9ヶ月間(現在も稼働中)
確定利益  :+ 175,449円
利回り   :   17.5%
平均月利  :    1.9%
最大ドローダウン:   2.1%


取引の一例ですが、こんな感じ。

ナンピンマーチン型EAではありますが、
ずーーーーっと待って「ここぞ!」というポイントを狙っているのでナンピンすらしていない・・・。笑



9ヶ月間、指標も週末もほったらかしで、
全っ然ポジションを建てなくても
安定的に月利2%近くを狙えるということです。





FXやバイナリーでは、
絶句するほど「博打的な投資」をする人が後を絶ちません。

彼らは「ギャンブル」と「投資」を混同しています。

そんな彼らもポートフォリオの中に「エントリーしない強み」を活かした運用を組み込めば
それが「戦略」となり、結果は大きく変わるだろうと思います。





相場を動かしているのは、欲望恐怖

その荒波をスイスイと躱すには、「待つ」こと。


無闇にポジションを建てないことこそ、
超シンプルで今すぐにでも実行できる戦略の一つです^^








最後までお読みいただきありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
↓ポチッと応援していただけると、大変励みになります!^^

にほんブログ村 為替ブログへ





よく読まれている記事