35歳 年収500万円でも「億り人」へ。相場攻略メソッド、解禁します。

35歳 年収500万円でも「億り人」へ。相場攻略メソッド、解禁します。


・脱サラトレーダーの愛用ツール、公開中。詳しくはこちら


※当ページは、システムユーザー様の先行公開を経て2021.12.27 00:01一般公開としています。



いつも当ブログをご覧くださりありがとうございます!

正直に申し上げます。
実は私、、、皆さまに隠していたことがあります!


私のポートフォリオは基本的にFXを主体としている、と説明したことがありますが

実はもう一つ・・・
ある特別な手法(メソッド)を使っています。




いまの私の運用資金の礎を築いたものであり、

「平均月利3~4%、現在9年間負けなし

驚異的な実績をあげています。




これまでに皆さんとシェアしてきた、
月利10~20%を叩き出すEAやコピートレードを使い

FXというマーケットを生きることで
ポートフォリオを億単位のステージへと上げました。


が、そもそもの根底にあるのは、
この相場攻略メソッドです。


これがなければ、私は今のステージにはいられなかったと思います。

そしてこのメソッドがあるからこそ
アグレッシブに爆益を狙いに行けるのだとも思っています。






私にとっては死ぬまで離したくない・・・


いや、

死んでも離したくない超超極秘メソッドです。



そのくらい「本当に勝てる最強手法」「本当に稼げる必勝法」として
私の中で位置づけています。





ずっと秘密にしておくつもりでした。


しかし、この約半年の間に人生観がガラリと変わるほどの人々と出逢い、

私自身がステップアップしたことで

心に思うことも、
脳内で考えることも以前とは大きく変化しました。

(最近の私のSNSをご覧くださった方は薄々気付いているかもですね(^^))




この「変化」は、傍から見ればただの気まぐれかも知れません。
しかしながら半年間、

継続的に異次元の空気を吸い続け、思考が変わったのは事実です。






コロナ禍だろうが何だろうが、
世界レベルの超富裕層は今までどおり稼ぎ続けていて、有り余る富を得ています。


政府からの給付金を今か今かと待っている人がゴマンといる一方で
お金は「在るところには山のように在る」のです。


そんな超富裕層はそれぞれ皆、
何か特別の「オリジナル攻略法」を必ずもっています。



先ほどは「本当に勝てる最強手法」「本当に稼げる必勝法」と書きましたが



私の極秘メソッドは私だけのもの…だとしても、

結局のところ超富裕層はみんな
1つや2つ秘密の攻略法を持っている世界―。


秘密にすることで勝手に優位な気分になっていた自分はなんて幼かったんだろう、と痛感したのでした。




なので、今回思い切って
この相場攻略メソッド」を公開することにしました。



(メソッド詳細は 記事の後半で↓↓)




「銀座であそぶ大人たち」がメンバーの、200人規模のLINEグループがあるのですが


先週、そちらでこの「相場攻略メソッド」を紹介したところ、
早速、公開前にも関わらず20名程の予約申込みがありました。


私の元へ毎日3~4件のご連絡があるので、
おそらくまだまだ増えるかと思います。




もう既に不労所得で悠々自適に遊んでいる人達が、

1000万円単位を投入して新たに投資を始めようとする・・・。




常にアンテナを張り巡らす敏感な大人たち

やはり、機動性が高い・・・。
さすがです。




彼らの運用額はそこそこ大きいとは思いますが

リスク管理ができる人たちなので、
私からはあえて何も申し上げないことにしています。




稼げる人は、どんどん稼げばいい。



それが
資本主義社会の自然な流れだと思います。









金融資産保有額についてのある調査データによると、

「個人投資家の 69.8%が 年収500万円未満で、
その金融資産保有額は 1000万円未満が 56.3%」


という結果が出ています。




年収500万円未満の層、そして1000万円未満で運用している層がかなり多いことがわかります。
(当ブログを読んでくださっている方の多くも、そうかもしれません。)




私が想像していた以上に、手堅い。

銀行預金しておくぐらいなら、運用しておこう!
といった感じなのでしょう。


収入を殖やして生活水準をアップデートすることを全く念頭に置いていない。








たしかに、不労所得を得るつもりがなく
手堅く確実に利益を出そうと運用する場合、

だいたい年利5%を超えれば「御の字」といえます。






この年利5%という数値は、
どんなマーケットにもあてはまります。




FXだろうが株式だろうが不動産だろうが、

老若男女、素人でも誰がやっても
精神的に余計な負荷が無く長期的に続けられるとすれば、

最大で年利5%ちょっとの数値に収まります。

(うまくいって単発的に年利6~7%とか。)




もはやこれは
人類と社会経済の関係上、そういうふうにできているのでしょう。







この「年利5%の壁」を大きく超えようとすれば、

知識、技術、資金力、情報力―。

いずれかの飛び抜けて強力な武器がないと始まりません。






そうやって強力な武器をもった人から、

人生の旨味を味わう次のステージへと移っていきます。








「年利5%」は、複利運用だとしても「月利0.4%」です。




個人投資家の多数派で例えるならば、

年収500万円の人が、資金1000万円を
うまーくうまーく複利運用して1年後に50万円殖えている。

毎月4~5万円のお小遣いが
チャリンチャリンと財布に入ってくる。



これが、「御の字」の現実です。






年収500万円の人が毎月5万円得られるとすれば、
なかなかウマい話だとは思います。



しかし残念ながら
これでは年収500万円の世界から出ることはありません。



副収入で月収5万円」のステージだからです。




本業を辞めてしまうと、
「月収5万円」だけになってしまいます。


これでは里山で自給自足の生活をしない限り、
生きていくことは難しいでしょう。







脱サラ、FIRE、アーリーリタイアを夢見て投資を始めた人にとっては、

「年利5%の壁」はあまりに厳しい現実なのではないかと・・・(^^;)









グーグル先生によると、
日本人雇用者の平均月給は約30.9万円です。

手取り額は約24.7万円。



ですからリタイアして不労所得生活をするなら、

毎月25万円~30万円ほどの収入があることが
一つのボーダーラインになりそうです。



仮に月利0.4%(年利5%)の「御の字運用」を
数十年間継続できるとした上で

月収25~30万円を得ようとすると、どうなるか。



計算すると
運用額は7,000万円近くも必要になります。





不動産による不労所得なら・・・
7,000万の土地、たとえば品川駅近くで20坪の土地を貸すくらいの話になります。





これが
不労所得のボーダーライン・・・。



必要資金が高すぎる問題」です。


リタイアを夢見ても、
これではなかなか実現できないわけです。








ところがこの「必要資金が高すぎる問題」、

解決策は意外にもカンタンだったりします。







ちょっとした「発想の転換」をすればよいのです。







もしも・・・

10倍の「月利4%」

で運用したなら、どうなるでしょうか?(^_^)







ピンとくる方なら、
もうお分かりいただけたと思います。




これが、

私がんでも離したくない「相場攻略メソッドです。






つまり
7,000万円が無ければ超えられない不労所得のボーダーライン」

1/10の「700万円」があれば超えられちゃうのです。







700万円を月利4%で運用すると、月収28万円。




会社に拘束されずに、

嫌な人間関係からも解放されて、

毎日ゴロゴロ寝ていても、

月収28万円。





どうですか?

ちょっとワクワクしませんか?♬










さきほどは

「個人投資家の 69.8%が 年収500万円未満で、
その金融資産保有額は 1000万円未満が 56.3%」


と書きました。


さらに詳しく書くと、

金融資産保有額 500万円以上1000万円未満 の人が 17.4%

を占めています。





私の相場攻略メソッドを使えば、

だいたい個人投資家の17.4%、
つまり6人中1人は長期運用で

不労所得のステージが視野に入って来ることになります。




アーリーリタイアしたいからといって、
なにも今すぐ辞めたいわけではないでしょう。


本気で明日にもリタイアしたい!と思っていれば、
その人はもうすでに辞めているでしょうし。



5年後、10年後までに
運用資金を700円に殖やして、
不労所得で月収28万円のステージへ行けばいいのです。



そうすると6人中1人どころではなく、
人中1人とか人中1人以上の割合になるかもしれません。




もしもすでに「運用資金700万円がある35歳の人」なら、

複利運用で25年後の定年退職の頃には
「億り人」達成です★








老後のためにせっせと「貯金」しても、

「自己肯定感」が高まるくらいです。


退職後には必ず
収入源がない不安」が襲ってきます。



せっかく貯めた資産が
「ゼロ」に向かって減り続ける現実は、

ある種の恐怖でもあるでしょう。



減るときはあっという間です。




老後の不安解消のためにもつべきは

「貯金」ではなく、


収入源」です。






退職した後に「資産が殖えていく期待感があることは、

強靱な安心材料の一つとなります。







年利5%のボーダーラインを大きく超えようとすれば、

知識、技術、資金力、情報力・・・
これらの飛び抜けて強力な武器がないと始まりませんが、

知識、技術、資金力を大幅アップさせるには

とてつもない時間と労力がかかります。


のこりの1つ情報力」を武器にしたいからこそ、

あなたは今こうやって
私のブログを読んでくださっているのではないでしょうか。




実際、私の相場攻略メソッドは
サインツールとかシステムシェアとは違って

文字どおり「情報」を、「ハウツー」をお伝えするものです。


昔、ゲーム攻略本に「この操作をすれば隠しステージが現れる!」と書いてありましたが
そんなイメージをもっていただければよいかと。



「情報は鮮度が命」。




銀座であそぶ大人たち
それを理解しているからこそ、機動力が高い。




情報力とは情報を入手するだけでなく、

それを実行するまでのタイムラグを短くするスキルも含まれます。






稼げる人はどんどん稼ぎ

稼げない人はどんどん搾取され、取り残されていく。



怖ろしいことですが

これがこの世界の仕組みなのです。







◆ 相場攻略メソッド 概要 ◆



ちなみに。
相場攻略メソッドの概要ですが、ざっくり書くと

危険と言われる相場になるほど利益が出るようにできています。



相場を動かしているのは「大衆の恐怖欲望

その「恐怖」にアプローチしています。




ここ2年ほどのコロナ禍では

平均月利5%を超えます。



仮に700万円運用でコロナ相場が4~5年間続いたとすれば、

もうこれでだけで「億」の世界へ行けます。



金融危機になるほど「大衆の恐怖のエネルギー」は最大化しますから、

危機ほど爆益をもたらす考え方です。






「いま豪遊したい!」よりも

「いまにたくない!」の方がエネルギーが大きくなるのは、理解に難くありません。







歴史を見れば明らかなように、

金融危機は「避けたい」と思われているにもかかわらず、繰り返す性質をもちます。



リーマンショック、
ギリシャ政府の破綻危機、
イギリスのEU離脱、
コロナ禍・・・。


昨今の大きなものを挙げただけでも、
数年に1回はドカン!と来て繰り返しています。

「未曾有の大暴落!」が何回あるんだよって話です。



おそらく変異株が次々と出ているコロナウイルスが落ち着いた頃にも、
また何か別のドカン!が来ることでしょう。


私は予言者じゃないので
それが何かは分かりませんが。

(まあ、別に何だっていいのです。「ドカン!」で利益が出るので。)






私のポートフォリオ内では、このメソッドは

「もしもの時に爆益を出してくれる」という位置付けです。


このメソッド1本で勝負するというよりは、
「どんな相場でも負けないポートフォリオに格上げしている」といえます。



「大衆の恐怖にアプローチする」という考え方は、

通貨ペアを分けよう、銘柄を分けよう、といった

陳腐な分散投資とは全く次元が異なります




とはいえ年単位で勝ちに行くことををベースに考えていますから
負ける月もあります。

長期的視野をもって運用してください。


「すぐに爆益が欲しい」
「毎月ずーーーっと勝ちたい」と考える人には向いていません。

ギャンブラーは、よその賭場をお探しください。



繰り返しになりますが、
私の相場攻略メソッドはサインツールやコピートレードとは違って

文字どおり相場を攻略する「情報」をお伝えするものです。

再現性は100%です。

「情報」をお伝えした時点で、
再現性100%でエビデンスも要らないことはすぐにお分かりいただけると思います。



ちなみに、マーケットはここでは秘密です。
申込みされた方にのみお伝えします。


月の勝率は70%を超えるくらいです。
肌感覚として数ヶ月に1回負けるかな、といったところ。





1日3分ほどのスマホ操作が必要です。

パソコンやVPSは要りません。
スマホがあれば、おばあちゃんでもできます。




そして「裁量なし」。
淡々と、お伝えする「ハウツー」のとおりに操作します。




ナンピンマーチン系ではありません。

保有ポジションが大きくなりすぎたり、日をまたぐことはありません。
その日中に発注・決済します。



必要最低資金は、10万円から運用可能です。

(10万円運用では直ぐにリタイア実現にはなりませんが、始めは様子を見ながら運用されれば良いかなと。)







概要としてはこんな感じです。

日頃おしゃべりな私も、
これ以上は書くことはできません。笑




私はかなーり安全に運用していますが
余力量を狭めれば、
私の倍以上の結果を出すことだって可能です。



700万円で不労所得、と散々書いてきましたが
余力幅を1/2にすれば350万円で不労所得が叶います。

我ながら
めちゃめちゃ夢のあるメソッドだと思います♩




再現性100%、億トレーダーの相場攻略メソッド。


このパフォーマンスを得たい方は
下記のボタンからお申込みください^^










最後までお読みいただきありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
↓ポチッと応援していただけると、大変励みになります!^^

にほんブログ村 為替ブログへ





よく読まれている記事